顔を積極的に動かすのもアンチエイジングの一つ

今テレビでも雑誌でもよく目にするようになったアンチエイジングという言葉。
若さを保ち人間本来の寿命を取り戻そうという信念の元、現在様々な分野で研究が進められています。

 

老化の原因となるのは様々ですが、筋肉の低下というのもその原因の一つです。

 

例えば顔の筋肉ですが、あまり表情を変えないというのは顔の筋肉が動かないため、加齢とともにどんどんたるんでいきます。

 

特に最近では仕事でパソコンを使う人が増え、1日中パソコンに向かって仕事をしている人も珍しくありません。
ついしかめっ面になったり無表情のまま画面に向かってしまいますよね。

 

外回りに出て社外の人と積極的にコミュニケーションをとる営業さんと比べると、顔の筋肉を使う度合いが全然違います。

 

表情豊かな人の方が表情筋の低下が防げるため、年齢よりも若々しく見えるのです。
日常の様々なことに驚いたり笑ったりすることも、アンチエイジングの一つと言えます。
テレビを見て思いっきり笑ったり、家族や友達と笑顔で会話をすることも大切です。